Skip to content

ファームウェアを再インストール

あなたがDIYプロジェクトをしていたり、間違ったファームウェアをインストールしていたなら、あなたはあなたのルーターをブリックするかもしれません。 ルーターにアクセスできない場合がありますが、Ubootフェイルセーフを使用してファームウェアを再インストールできます。


以下の手順に従ってUboot界面にアクセスし、ファームウェアを再インストールしてください。

このビデオも参考できます。U-Bootを使ってGL.iNetルーターを修復する

  1. ファームウェアを事前にダウンロードすることが必要です。ここでファームウェアをダウンロードしてください。GL-AR300M、GL-AR300M-Ext、GL-AR750S-Extにとって、.imgファームウェアをダウンロードしてください、ほかの製品が.binファームウェアをダウンロードしてください。

  2. イーサネットケーブルでコンピュータをルーターのイーサネットポート(LANまたはWAN)に接続します。ほかのポートを接続しないの必要があります。

  3. まずリセットボタンを長押ししてから、そしてデバイスの電源を入れます。順序で行くことが必要です

  4. 電源LEDが灯ります、そしてほかのLEDが点滅します。

  5. 以下の場合は指を離します:

    • GL-AR150、GL-AR300M、GL-MiFi、GL-USB150、GL-AR750、GL-AR750S-Ext(Slate)、GL-X750-Ext(Spitz)にとって、LEDが3回点滅した。
    • GL-MT300N、GL-MT300A、GL-B1300にとって、LEDが5回点滅した。

  6. あなたのコンピューターのIPアドレスを192.168.1.2に変更します。システムによって作ったガイドを閲覧してください:

    Windows 7 / Windows 10
    1. コントロールパネルー>ネットワークとインターネットー>ネットワークと共有センター
    2. ローカル接続―>プロパティ
    3. インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)―>プロパティ
    4. IPアドレスを192.168.1.2に変更します
    Mac
    1. セステム設定ー>ネットワーク
    2. イーサネットー>高級機能ー>TCP/IP
    3. IPv4手動を選択します
    4. IPv4アドレスを192.168.1.2に設定します
  7. Firefox/Chromeでhttp://192.168.1.1をアクセスします.

  8. ファイルを選択をクリックして、ファームウエアファイルを見つかりて、そしてUpdate firmwareをクリックします。

    GL-AR300M、 GL-AR300M-Ext,、GL-AR750S-Extにとって、.imgファームウェアをダウンロードして、Nand flashにアップロードしてください。

  9. 約3分待ちます、更新するときにルーターの電源を切らないでください。電源LEDとWi-Fi LEDの両方が点灯している場合、またはデバイスでSSIDが見つかれる場合は、ルーターの準備が完了です。

  10. ステップ6で変わったIP設定を元に戻し、あなたのデバイスをルーターのLAN/WIFIを接続します。あなたは再び192.168.8.1経由でルーターをアクセスできるようになります。