Skip to content

その他の設定

管理者パスワード

管理者パネルのパスワードを変更しては、パスワードが5文字以上でなければなりません。パスワードを変更するため、現在のパスワードを入力することが必要です。

admin password


LAN IP

LAN IPは、ルーターに接続する時デバイスのIPアドレスです。GL.iNetルーターのデフォルトIPアドレスは192.168.8.1です。メインルータのIPアドレスと競合する場合は、これが変更できます。

lan ip


タイムゾーン

ルーターの活動は、ルーターの時間に従って記録されます。したがって、あなたの所在地のタイムゾーンを選択することをお勧めします。

time zone


MACアドレスクローニング

現在のクライアントのMACアドレスをルータに複製します。それはネットワークがあなたのMACアドレスをチェックするとき特にホテルで使用されます。 たとえば、スマートフォンがネットワークに登録されている場合は、スマートフォンのMACアドレスをルータに複製して、ルーターもネットワークに接続できるようになります。

mac clone


カスタムDNSサーバー

DNSリークを防ぐ、またはそのほかの目的ために、ルーターのDNSサーバーを設定できます。

DNS再バインド(DNS Rebinding)攻撃防御: 一部のネットワークは、キャプティブポータル認証が必要場合があります。ネットワークのキャプティブポータルがアクセスできない場合は、このオプションを無効にしてください。

すべてのクライアントをカバーするDNS設定: このオプションを有効にすると、接続されているすべてのクライアントからのDNS要求がキャプチャされます。

CloudflareのDNS over TLS機能: TLSを介したCloudflare DNSは、DNSクエリの暗号化にTLSセキュリティプロトコルを使用します。これは、プライバシーを高め、盗聴を防ぐのに役立ちます。

手動DNSサーバー設定: 手動でカスタムDNSサーバーを入力します。

custom dns server


ボタン設定

モードスイッチの機能を設定します。デフォルトでこの機能がありません。Wireguard / OpenVPNクライアントをオンまたはオフにするトグルとして設定可能です。

button settings


ネットワークモード

使用状況に合わせてネットワークモードを変更します。 ルーターのネットワークモードを変更するたびに、クライアントデバイスを再接続する必要があるかもしれません。

APモード無線拡張モード、またはWDSモードでルーターを使用すると、デフォルトのIP 192.168.8.1でWeb管理パネルにアクセスできない場合があります。この場合でWeb管理パネルにアクセスしたいと、メインルータによってGL.iNetルータに割り当てられたIPアドレスを使用しなければなりません。

ブリッジーモード: 有線ネットワークにブリッジします。

network mode


ファームウェアを復元する

ルータを工場出荷時のデフォルト設定に戻します。 設定、アプリケーション、データはすべて消去されます。

revert firmware


高級機能

Click Advanced to direct to Luci which is the default web interface of OpenWrt. You can check the detailed system log or conduct more advanced configurations there.

advanced

注意: ユーザーネームはrootです。パスワードは、管理者パスワードと同じです。