Skip to content

クラウドサービス

紹介

GL.iNetクラウド管理サービスが簡単にリモートでルーターをアクセスしたり、管理したりすることが提供します。

オンラインルーター状態をチェック

  • オンラインオフィス状態をチェック
  • RAMと平均負荷をチェック

リモートでルーターをセットアープ

  • リモートでルーターを設定(SSID,パスワードなど)

ルーターに接続しているクライアントをリモートで監視する

  • 誰があなたのネットワークを使用していることをチェック
  • リアルタイムトラフィック監視とクライアントをブロック

ルーターをバッチ操作

  • 設定テンプレートを設定してルーターをバッチ設定
  • ルーターをバッチリブート・アップグレード

グループでルーターを管理

  • デバイスを異なったグループに分割
  • 一つのページでデバイスを管理

セットアープ

GoodCloud が3.010以上のファームウェアしかサポートしません。

ファームウェアファイルをダウンロード

GL-X750(Spitz) テストファームウェア GL-X750 テストファームウェアダウンロード

GL-AR750S(Slate) テストファームウェア GL-AR750S テストファームウェアダウンロード

GL-AR750 テストファームウェア GL-AR750 テストファームウェアダウンロード

GL-B1300 テストファームウェア GL-B1300 テストファームウェアダウンロード

GL-AR150 テストファームウェア GL-AR150 テストファームウェアダウンロード

GL-AR300M(Shadow) テストファームウェア GL-AR300M テストファームウェアダウンロード

GL-MT300N-V2(Mango) テストファームウェア GL-MT300N-V2 テストファームウェアダウンロード

GL-MT300A テストファームウェア GL-MT300A テストファームウェアダウンロード

GL-MT300N テストファームウェア GL-MT300N テストファームウェアダウンロード

ローカルアップグレード

ブラウザー(Chromeがおすすめ)を開いて、ルーターの管理者パネルをアクセスします(デフォルトurl:http://192.168.8.1)。

左側に「アップグレード」ー>「ローカルアップグレード」、ダウンロードしたファームウェアを選択し、「インストール」ボタンをクリックします。インストールには数分かかります。

1. ルーター管理者パネルでクラウド管理を有効にする

1) gl-cloud-ui をインストール

ルーターの管理者パネルにアクセスします(デフォルトurl:http://192.168.8.1)。

install-gl-cloud-ui

左側に「アプリケーション」ー>「ソフトバーグ」、「更新」をクリックしてソフトバーグをアップデートする、"gl-cloud-ui"を入力して、「インストール」ボタンをクリックします。インストール完了後、「アプリケーション」で「リモートアクセス」選択が増えます。

2) クラウド管理を有効にする

enable-cloud-management

クラウド管理を有効にして、あなたのデバイスに近いデータサーバーを選択します。今は「日本」選択がありません、「Global」を選択してください。

2. GoodCloudウェブサイトでデバイスを追加

1) GoodCloudアカウントを登録

https://www.goodcloud.xyzを訪問し、GoodCloudウェブサイトをアクセスします。今GoodCloudで日本語がありません。

アカウントを登録し、ログインします。

2) 地域を選択

右上隅で、ルーターの管理者パネルで選択した地域を選択する。

select region button

3) 新しいグループを追加

左側に -> Groups List -> Add group.

以下の手順に従って新しいグループを追加してください。

add group

4) デバイスを追加

左側に -> Devices List -> Add Device、GoodCloudにデバイスをバインドする方法は3つあります:「Auto discover」、「Manually add」、「Bulk import」。

以下の手順に従ってデバイスを追加します。

add device

デバイスとブラウザが同じLANでいったら、デバイスが自動的に発見されるようになり、「Device」リストで表示されます。DDNSまたはデバイスIDがルーターの背面で表示されます。

注意:ここに「DDNS」/「デバイスID」と入力して、ルーターが本当にオリジナルのものであること、または有効であることを確認します。 DDNS機能とクラウド機能は別物です。

「Refresh」をクリックし、デバイスを自動的に再発見します。

auto discover

自動的に発見することができない場合は、「Manually add」を選択してください。必要な情報がルーターの背面にあります。

manually add device

一部の新製品では、DDNSがデバイスIDに変更されました。

manually add device

「Bulk import」機能は、追加するデバイスが多数ある場合に適しています。

5) ルーターのWeb管理パネルのバインド情報

ルーターを成功にGoodCloudに追加した後、ルーターの管理者パネルに戻って、「アプリケーション」ー>「リモートアクセス」ー>「クラウド管理」、「F5」を押してこのページを更新する、それはバインドしたGoodCloudユーザー名を表示し、あなたがユーザー名に留まると、GoodCloudアカウントのメールアドレスが表示されます。

goodcloud-binded

バインドされたGoodCloudのユーザー名は間違いたら、admin@goodcloud.xyzにメールして助けを求めます。

アンインストール

クラウドがほしくなれば、ルーター管理者パネルで簡単に無効にすることができます。GoodCloudウェブサイトで設定する必要ないです。

disable cloud

クラウド機能をアンインストールしてスペースを節約したい場合は、gl-cloud-uigl-ddns、そして gl-mqttソフトバーグをアンインストールする必要があります。

uninstall gl-cloud-ui

gl-cloud-uiソフトバーグをアンインストールします。

uninstall ddns

gl-ddnsソフトバーグをアンインストールします。

uninstall mqtt

gl-mqttソフトバーグをアンインストールします。