Skip to content

SSH と WinSCPの使用

SSH と WinSCPは、あなたがミニルーターでもっと機能を使いたいなら基本的なツールです。

Secure Shell(セキュアシェル・SSH)とは、セキュリティで保護されていないネットワーク上でネットワークサービスを安全に運用するための暗号化ネットワークプロトコルです。一番有名な例は、ユーザーがコンピュータシステムへのリモートログインです。場合によっては、サーバーにSSH接続するための基本的なツールが必要になります(たとえば、Shadowsocksサーバーをセットアップする必要がある場合)。 このガイドはGL.iNetルーターにSSHログインする方法です。

WinSCPとは、SSHプロトコルの上で実行し、ルーターに接続し、ファイルを編集するためのWindowsツールです。Linuxでscpも使いできます、でもwindows上でWinSCPが一番良いツールです。


WindowsユーザーのルーターへのSSH

1. PuTTYをダウンロード・インストール

下記のウェブページに行って最新のPuTTYバージョンをダウンロードする:

https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html

2. PuTTYをインストール

PuTTYのインストールプロセスは英語で表示されます。

3. PuTTYを起動

PuTTY をクリックしてください。

次の設定ウィンドウが表示されます:

Host Name 「or IP address」に 192.168.8.1を入力し、デフォルト「Port」 22をそのままにいって、「connection type」をSSHに選択します。

Saved Sessionsであなたの設備を入力し, そしてSaveをクリックして設定を保存します。

底部のOpenをクリックします

セキュリティの警告が表示されたら、「はい」をクリックします

login as:rootを入力します

password:あなたのパスワードを入力します

注意:ルーターで設定した最初のパスワードを入力してください。

以上のような画像が見るとき、あなたがルーターにSSHログインのが成功しています。


WinSCP

Windowsを使う場合、WinSCPはルーターでファイルを編集することにはるかに簡単なツールです。

1. WinSCPダウンロード

https://winscp.net/eng/download.php でWinSCPをダウンロードし、あなたのWindowsにインストールします。

2. ルーターに接続

WinSCPを実行し、プロトコルでSCPを選択します。あなたがルーターのIPアドレスを変更させない場合は、「Host name」が192.168.8.1はずです。「Port number」が22はずです。「User name」でrootを入力し、「Password」でルーターのパスワードを入力し、「Login」をクリックします。

ログイン後、あなたは今ルーターのコントロール権限を持っています。

あなたはルーターとデバイス間のファイルの表示、編集または転送ができます。

例えば、あなたがファイアウォール設定ファイルを編集したいなら、/etc/config に行ってfirewallファイルを見つけて、マウスの右キーをクリックして、編集をクリックします、そしてファイルを編集できます。

今は自由にファイルを編集することができます、設定の変更を注意してください。


Linux/MacユーザーのルーターへのSSH

Linux と Mac OSのプロセスは大体同じです、以下では例としてUbuntuを使用します。

1. ターミナルを起動

ターミナルを起動するために ターミナルアイコンをクリックしてください。 次に、以下のコマンドを入力してください:

SSH root@192.168.8.1

他のルータに接続したことがある場合は、ホストキーの確認に失敗したことがあります

このような場合は、下記のコマンドを実行してください。 端末に表示されている正確なコマンドをコピーしてください。

ssh-kengen -f "~/.ssh/known_hosts" -R "192.168.8.1"

2. ルーターログイン

ssh ログインコマンドを再試行してください。

ssh root@192.168.8.1

"yes"を入力します

あなたのルーターパスワードを入力します

最後に、ログイン成功です。