Skip to content

DDNS

ダイナミックDNS(DDNS)とは、ドメイン名をネットワークデバイスの動的IPアドレスに更新するために使用されるサービスです。

今はファームウェア3.010以上しかサポートしません。

セットアップ

GoodCloudはファームウェア3.010以上しかサポートしません。

ローカルアップグレード

ブラウザ(Chromeがおすすめ)を開いて、ルーターの管理者パネルをアクセスします(デフォルトurl:http://192.168.8.1)。

左側に「アップグレード」ー>「ローカルアップグレード」、ダウンロードしたファームウェアを選択し、「インストール」ボタンをクリックします。インストールには数分かかります。

1) gl-cloud-ui をインストール

install-gl-cloud-ui

ルーターの管理者パネルにアクセスします(デフォルトurl:http://192.168.8.1)、左側に「アプリケーション」ー>「ソフトバーグ」、「更新」をクリックしてソフトバーグをアップデートする、"gl-cloud-ui"を入力して、「インストール」ボタンをクリックします。インストール完了後、「アプリケーション」で「リモートアクセス」選択が増えます。

2) DDNS を有効にする

enable-ddns

左側にアプリケーションー>リモートアクセス、「起動DDNS」をクリックし、利用規約・プライバシーポリシーを同意し、"応用する"をクリックします。 普通に数分がかかります。

「起動 DDNS」の隣のアイコンにマウスを移動すると、デバイスのDDNS URLが表示されます。

ddns-url

ルーターの背面ラベルに印刷されているDDNSドメインが変更されました。 あなたのDDNS URLがルータの裏側の xxxxxxx.gl-inet.comであれば、新しいDDNS URLはxxxxxxx.glddns.comになります。

3) DDNSが有効になっているを確認

あなたのDDNSが有効になっているかどうか確認するために nslookupコマンドを使用してください。 nslookupコマンドを使うときは、DDNSのURLを使うようにしてください。

nslookup xx5007c.glddns.com 8.8.8.8

nslookup

4) HTTP リモートアクセス

HTTP-Remote-Access

HTTPは暗号化されていないので、自己責任で使用してください。

ルーターがNATの下流にある場合は、より高いレベルのルーターでポート転送を設定する必要があります。 HTTPリモートアクセスを有効にするあと、どこでもDDNS urlで管理者パネルをアクセスすることができます。

5) SSH リモートアクセス

SSH-Remote-Access

SSHリモートアクセスを有効にする後、あなたはどこにでもターミナルでsshを使用できる。

6) アンインストール

DDNSがほしくなれば、無効にしてはいいです。

disable ddns

after disable ddns

DDNSを無効にする後、インターフェースは上のようなものです。

DDNS機能をアンインストールしてスペースを節約したい場合は、gl-cloud-uigl-ddns、そして gl-mqttソフトバーグをアンインストールする必要があります。

uninstall gl-cloud-ui

gl-cloud-uiソフトバーグをアンインストールします。

uninstall ddns

gl-ddnsソフトバーグをアンインストールします。

uninstall mqtt

gl-mqttソフトバーグをアンインストールします。